Skip to content

“検索エンジン最適化の使い方~内部リンクが決め手で効果が変わる?

検索エンジン最適化を適切にすることによって、自社サイトをより際立たせることができるのですが、webサイトはそのページにある内部リンクによっても評価が変わってくるので、検索エンジン最適化するにあたっては、内部リンクに力を入れるのも重要なポイントです。
○検索エンジン最適化では内部リンクを強調するのがおすすめ
「リンク」には大きく分けて「画像リンク」と「テキストリンク」の2種類あるのですが、webサイトは内部リンクによっても高く評価されるので、内部リンクを強化しておくのが
おすすめです。内部リンクを強化することによって、そのページのテーマ検索をエンジンにアピールする事ができるので、効果的なのです。
ちなみに画像リンクよりもテキストリンクの方が、グーグルクローラー(ロボット)が
リンクを認識しやすく、かつテーマ性のアピール効果も大きいので、検索エンジン最適化を考慮する場合、テキストリンクに力を入れた方が効率いいでしょう。
もしもデザインの事情で画像リンクにしたい場合は、画像リンクのalt部分にキーワードを含めます。ただし信頼性が低くなってしまいます。とりあえずSEOを行う上の基礎

オウンドメディアマーケティングの成功への近道

多くの企業は、従来型メディアに出る広告手段の代わりに、オンラインメディアを活用して顧客との直接的な関係性を築く事に関心を持ち始めています。これがオウンドメディアマーケティングです。企業はこれをオウンドすなわち「自社」メディアと捉えていて、新たなマーケティングの手法を展開しています。
それでは、オウンドメディアにはどのような特徴があるのかについてご説明していきましょう。
○価格競争に巻き込まれないで済む?
オウンドメディアマーケティングがうまくいくと、好きだからこそその商品やサービスを利用するようになります。企業側は継続的に価値や信頼感を提供していかなければなりません。これによって新たな差別化の強みが持てるでしょう。オウンドメディアマーケティングの戦略がうまくいけば、ユーザーは単に価格が安いだからという理由ではなく、本当に「好き」だからこそ利用してくれるようになるのです。これが継続的な顧客確保につながり、成功につながっていきます。オウンドメディアマーケティングを説明します。

マーケティング分析で大切な事

マーケティング分析を実施するにあたっては、調査や情報収集が大事です。マーケティングといっても、その活動範囲は非常に広いため、様々なプロセスから成り立ちます。
○問題と調査目的を明確にする
マーケティングにおいて、その調査対象は広範囲です。効率的に分析や調査していくためにも、どのような問題を解決するにも、調査や分析を実施していくか、その目的をはっきりさせなければいけません。売上がなかなか上がらないという問題も、もっと具体的に、どのような商品がどの地域で売上を落としているのかというように、問題が明確化できていれば、マーケティング調査の効率も飛躍的に高まるでしょう。
○調査計画を作成する
調査目的が明確であれば、次に目的達成のための計画作成のプロセスにうつります。マーケティング調査は費用がかからないものから、高いコストがかかるものまで様々です。そして短期的なものから長期的なものまであります。いずれにしても、最適な方法を組み合わせて効率よく目的を達成できる計画を立てていく事が大事です。トリプルメディアの分析はこちらでご紹介

オウンドメディア構築で参考になる2選

みなさまこんにちは。今回はオウンドメディアで参考になる2つのサイトを紹介します。
これは私の独断と偏見ですので、ご参考までに笑
1. コカコーラ
コカコーラはオウンドメディア構築で第一線を走った企業です。もしかしたら聞いたことがある人もいるかもしれませんね。私が、コカコーラを参考にすべきだと思うのは、その変化の過程が明確だからです。
コカコーラはユーザーを調査しながらどんなオウンドメディアを作り上げていくべきか、考え抜いていきました。
考え抜いた結果からそれ以前を時系列で見ることもできます。変化を見て行けるところは珍しいので是非見てください。
2. LIG
ここのオウンドメディアは特殊です。面白さやワクワクに特化したコンテンツ作りをしています。
見て見ると有益な情報はほとんどないように見えますが、ギャグやコミカルな写真でグッと引き込まれるコンテンツです。ブログを作成する人にとっては必ず参考にすべきサイトなのでご紹介しましたオウンドメディア事例

デジタルマーケティングツール

デジタルマーケティングに必要なことって、顧客管理のすることですね。
サイト分析で言えば
被リンクチェックツールとかですよね。これは有名でサイトの被リンクのIPアドレス分散とドメイン分散効果を調べるツールです。ある企業はマーケティングオートメーションを使ってテレマーケティング会社と協業を開始しています。エンゲージメントプラットフォームはBtoB、BtoCなど関係なく 消費者のブランド情報の接点をふやしてオムニチャネルを実現しています。スコアリング、チャネル統合、マーケティングでのROI(費用対効果)で上げていくことが大事です。
最近では、メディアがテレビなんかからウェブ上に移行しているように感じます。もちろん今までの媒体も使いますが。
マーケティングの肝は分析です。何を分析するか、はっきりさせて、マーケティングツールを選びましょうね。
そうしなければ、roiは上げることができません。大事なのは指標をはっきりさせることです。アクセス解析ツール/もオススメです。

戦略を立てる前に環境分析するのがマーケティングはの基本

マーケティングの戦略を駆使すれば、規模の大小こそあれ、売上を飛躍的に高める事ができるでしょう。しかしただやみくもに成功事例のある戦略を取り入れるのは適切ではありません。十分な効果を発揮するためにも、自社を取り巻く環境に応じたマーケティング戦略が必要です。効果的な戦略を構築するには、環境分析がとにかく重要なのです。


環境分析が大切なわけとは
ビジネスは競争という観点から言えば、環境分析が非常に重要です。なぜなら相手と自社の事をよく知っている企業は、どんな環境においても確実な実績を残せるからです。自社のみしか知らない企業であれば、競争の激しいビジネス社会で容易に危機的状況に陥ってしまうでしょう。


環境分析をしていくためには
分析対象においては、ビジネスに関連する全ての対象をもれなく分析していく必要があります。自社は勿論、市場で競争を繰り広げる競合企業や商品・サービスの販売対象となる顧客、仕入先や流通企業などの協力業者、他にも景気を含めたマクロ環境など対象は多岐に渡っています。どのように分析していいかわからない時は、マニュアル通りの分析をしていけば初心者でも的確な環境分析ができ、戦略に生かせるでしょう。

カスタマージャーニー

ここがポイント!抑えておきたい「検索エンジン最適化」の考え

“analytics”

サイト作成する上で今欠かせなくなっているのが「検索エンジン最適化」です。SEOという単語を聞いたことある人も多いでしょうが、これが「検索エンジン最適化」という事です。どのような考えや仕組みに基づいてできているものかをよく理解しておく必要があるでしょう。グーグルはどのようなルールで更新やアルゴリズムの最適化を行っているのでしょうか?考えや仕組みを分析しておけば、本当に有効な施策なのだろうか迷わなくなるでしょう。


そこで今回は、検索エンジン最適化についてあまり知識のない初心者の方でもわかりやすいように、検索エンジンを最適化していく上での仕組みや検索エンジンの役割についてご説明していきます。


グーグルはユーザーを優先的に考えている


グーグルの仕組みを抑えておけば、自社サイトを上位に持ってくる事も可能です。グーグルの考えは日々変化していますが、基本的に「ユーザー重視」という点は変わりません。検索エンジンで上位何位に表示されるかは、検索エンジンの開発者の考える表示ルールによっても変わってくるでしょう。そのため、まずは現在最も使用されている検索エンジンであるグーグルがどのような考えなのか知る事ができるはずです。ちなみにグーグルの会社情報には以下のように記載されています。


「完璧な検索エンジンとはユーザーの考えを正確に把握し、ユーザーのニーズに一致したものを探すエンジンだ。」


まとめ


グーグルはユーザーを第一に考えているため、ユーザーにとって使いやすく、ユーザーのためを考えたコンテンツ制作を上位にあげる仕組みにしています。

検索エンジン最適化

オウンドメディアマーケティングの基礎知識

“tool”

オウンドメディアマーケティングの定義を確認してみましょう。「オウンドメディア」は簡単に言ってみれば自社が持つメディアの事です。例えばブログやホームページ、ツイッターやアカウントなどを指しています。企業が運営するブログやウェブマガジンは「オウンドメディアマーケティング」と呼ばれています。日本では企業の運営するウェブマガジンを指す事も多いでしょう。

オウンドメディアはどうして最近人気なの? オウンドメディアマーケティングが最近注目されているのは、SNSが普及してきたからです。2011年~2014年にかけてフェースブックやツイッターなど海外製のSNSが流行ってきて、ユーザーも増えてきています。これをビジネスに応用しようとして、「ソーシャルメディアマーケティング」と呼ばれるブームが起こってきたのです。その後、ソーシャルメディアだけでは自分のビジネス成果につながりにくい事が分かり、自社のwebサイトをコンテンツメディア化し、検索エンジン対策やSNS対策も併せて実施する手法が登場しました。それが、オウンドメディアマーケティングが浸透してきたバックグラウンドです。

オウンドメディアマーケティングについてはオウンドメディアマーケティングを参照ください。

広告費は簡単に減らせない。

“owd”

みなさんの会社では、広告費にいくらかけていますか?その広告費を下げれる見込みはありますか?ROIはどうですか?みなさんこういった問題を抱えていると思います。
それは当然ですね。「コストが下がる」という目に見える結果を出せば自分の評価が上がるのですから。
ただ、これは簡単には変えられませんよね。そもそもいきなり変わらないと思います。


そこで僕が提案したいのはマーケティング手法を変えること。広告に金を変えるより時間をかけてコンテンツを作り自然に人が来る流れを作りましょう。広告費より安い金額で自分らの商品がより売れる仕組みを作ることが大事です。また、広告も代理店に任せると費用はかさみます。自分らで全てをやったほうが楽しいし、うまくいくと思います。


そういったマーケティング手法が今広く流行しています。自分らのサイトを自分らで運営する方法です。コンテンツの作成からSEO施策まで全てやります。

http://www.listeningmind.com/デジタルチャネルの分析/

サジェストキーワードとは

“mrt”
サジェストキーワードとは、検索した際に検索ワードと一緒に入力されるキーワードのことです。
サジェストキーワードは関連キーワードとほとんど同じようなキーワードです。
ではどのような仕組みでサイェストキーワードは表示されているのでしょうか?調べてみたらとても面白かったのでシェアします!
どうやらサジェストキーワードは位置情報によって表示されるものが違うようなのです。例えば、アメリカで「SEO」と入力した場合と日本で「SEO」と入力した場合のサジェストキーワードは異なっています。なぜかというと、サジェストキーワードはその地域でよく検索されているキーワードをお勧めしているからです。
ということは、サジェストで表示されているキーワードはユーザーのニーズをそのまま表示していると言えるでしょう。
少し言いすぎたかもしれませんが、ユーザーがよく検索していることは確かです。サジェストキーワードを使ってコンテンツを作成してみるのも試してみてはいかがでしょうか。本記事はSEOを参照しました。