Skip to content

SEO対策の生かし方とは

まずは内部チューニングの対象となるコンテンツやページ数を増やすと効果的です。
ペース数が少ない分、一つ一つのページのチューニングにこだわりましょう。特段重要ではないページのチューニングには、工数をかけないようにします。
○自社サービスサイトにどのように生かすべきか
特定のキーワードとランディングページを考慮して、ページやコンテンツを設計していく事が大切です。ユーザーが興味ある事柄について、他に知りたいだろう情報について導線を張っていく事も重要です。
○SEOの内部チューニングの効果に過度に期待しない
SEO対策としてタイトルを調整、内部リンクへ追加する、細かいHTML上の最適化をするなど、SEOの基本的な条件を満たすことによって、大きな成果を生み出せると期待するかもしれませんが、過度に期待しない方がいいでしょう。
内部チューニングはサイトの価値を完全に正しく検索エンジンに伝えるために行う「サイト仕様の最適化」に当たります。
○SEOの方程式_内部チューニング
内部チューニングはサイトの価値を100%検索エンジンに伝えられても、200%の価値を生み出すことはできません。
コンテンツのボリュームが多いwebサイトの場合、内部チューニングによるテコが効果的ですが、ページ数の少ないwebサイトだと、内部チューニングによる大きな効果は期待しづらくなります。
サービスサイトはその特質上、自社の情報が中心となり、ページ数は少なくなってしまいます。そのため競争率の高いビッグキーワードで上位表示するためには、内部チューニングだけでなく、良質なコンテンツの追加や被リンクの獲得など、継続的な積み重ねが重要になります。ListeningMind

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *